スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。

愛知県の新城市にバイクで行ってきました。

メインの目的はこれです。

これは四谷の千枚田です。

私の地元の神奈川では見られない景色に感動しました。

他にも道の駅に寄ったり美味しいご飯を食べたりと充実した1日を過ごせました。

道路の路面状態も荒れていなくてバイクでも走りやすかったです。

私たち以外にもロードバイクでライドしている方たちもいたので、ロードバイク乗りの方たちにもおススメのエリアだと思います。

色々とご説明していきますので、是非ご覧になってください。

神奈川から四谷の千枚田へ

今回はバイク2台で行きました。

行きはなるべく高速代を節約するために深夜出発で一般道をメインとしたルートです。

深夜・朝方に出発なら一般道でも快走?

深夜や朝方なら交通量が少ない上、沼津市からは片側2車線道路になり、由比辺りからは信号も減ってくるので、快適に走行することができます。

高速代の節約、街並みや風景を楽しみたい方にはgoodです!

藤沢市内のコンビニで待ち合わせをして、そこから国道134号線~西湘バイパス(深夜料金で安かったため)~箱根新道(無料で通行できます)~国道1号線といった感じで、まずは有名な喫茶店でモーニングをするために静岡県の袋井市を目指します。

※由比を過ぎてからしばらく走るとオービスがあります。速度の出しやすい道路なのでスピードに気を付けながら安全運転をお願いします。

スポンサーリンク

まずは袋井市にある、お洒落な喫茶店でモーニング

深夜出発だったので、まずは目的地である四谷の千枚田へ向かう前に喫茶店でモーニングです。

珈琲屋らんぷ

今回立ち寄った喫茶店の名前は珈琲屋らんぷです。

店舗名

珈琲屋らんぷ 袋井店

住所

〒437-0015

静岡県袋井市旭町1-18-15

電話番号

☎ 0538ー45ー0007

お店の外観や雰囲気

お洒落な外観が良い感じですね。

お店の外観だけでなく、店内の雰囲気もお洒落で落ち着きがあります。

店内は広いだけでなく禁煙席と喫煙席が離れているので、タバコの臭いが気になる方でも気にせずに過ごすことができます。

こちらは喫煙席スペースの写真ですが、禁煙席スペースも同じぐらいの広さがあります。

座る席のポイント

私がそうなのですが、バイクなどで出かけて店内で食事をする際に自分の愛車が心配になりませんか?

目を離している間に、ぶつけられたりとかいたずらや盗難されたらどうしよう・・・など、大事にしている愛車だからこそ心配になりますよね。

禁煙席を利用する方へのアドバイスになってしまうのですが、心配な方は下の写真のこの駐車場スペース辺りに停めてください。

そしたら店内の禁煙席スペースからバイクの様子を見ることができます。

さらに2名席なら、B7・B8・B9・B10番席。

4名席ならB6とB11番席なら席で休みながら外の様子を見れるますよ。

お目当てのらんぷモーニングセット

実はお目当ての物があり、今回のツーリングの行きたい場所候補の1つでした。

お目当ての物は、珈琲屋らんぷのらんぷモーニングセットです。

味も美味しくて値段もリーズナブルだと、こちらのエリアでは評判が高く、その評判が市内から県内、そして最近では県外にまで広がっています。私もそのうちの1人です(笑)

朝の6時から昼の12時までの間は、なんと飲み物やデザートを注文すると珈琲屋らんぷ特製のトーストもサービスでつけてくれます。

単品でトーストを注文すると350円~450円するので、とてもサービスがいい!

それから1回かぎりではなく、飲み物やデザートを1品注文する度にトーストも1つサービスしてくれるのが驚きです。

2杯注文すれば、珈琲屋らんぷ特製トーストが2個も食べれちゃいますね(笑)

私はホットコーヒーのらんぷレギュラーを注文し、サービスでハニートーストをつけていただきました。

さすが人気のある喫茶店!コーヒーとトーストもどちらも美味しく頂きました。

一緒に行った仲間はデザートも注文して、トーストも2個食べてました。

ちなみに飲み物のメニューはこんな感じです。

珈琲屋らんぷ特製トースト

らんぷモーニングのメニュー

朝6時~昼12時までの間がサービスなので行かれる際は気をつけてください。

バイクの台数が多くても大丈夫?

バイク少数台で行く分には気になりませんが、台数が多くなると心配になるのが駐車場の広さですよね。

せっかく行ったのに、駐車場が狭くてみんなのバイクが停められない・・・多くの台数でのツーリングなら誰もが経験したことがあると思います。

このお店は駐車場が広くてきれいなので、ツーリングなどで多くの台数で行った時でも余裕のあるスペースがありました。

ツーリング中の休憩でも立ち寄って利用できるのでおすすめです。

いざ四谷の千枚田へ

らんぷでくつろぎ過ぎてしまったので、ここからは一般道と東名高速道路を使って移動です。

朝の8時近くになると、さすがに袋井市内の交通量も増えてきていました。

四谷の千枚田はどこにある?

四谷の千枚田は静岡県内ではなく、さらにお隣の愛知県です。

愛知県の新城市に今回のメインの場所があります。

場所

四谷の千枚田

住所

〒441-1942

愛知県新城市四谷230

 

地図を見ても場所がさっぱりですよね・・・(笑)

ナビなどで設定して行けば、ちゃんと案内してくれます。

自信の無い方はナビを使いながら向かうのがおすすめですよ。

車やバイクは停められる?

この場所には無料の駐車スペースがあり、車は8台ぐらい停められるスペースがあったので、バイクの台数も多く停められます。

※駐車スペースが坂道の途中にあり傾斜になっていますので、サイドスタンドでバイクを停める際は停める向きを気をつけてください。

四谷の千枚田はどんな場所

今回のメイン目的地に着いたので、さっそく観に行ってみましょう。

上の写真は駐車スペースから撮った光景です。

自然豊かで、とても綺麗でした。

神奈川ではこのような景色は見れませんよね。

千枚田の範囲は耕作者以外は徒歩でお願いしますというお願いの看板があるので、徒歩で移動しましょう。

バイクを駐車スペースに停めて徒歩で先に進んでみると、農家さん?が作業していました。

あれ?

さっきと動いている様子がないぞ?

よーく見てみると・・・

これは農家さんではなく、カカシでした。

とてもリアルに作られていて、全く気が付きませんでした(笑)

少し歩くと、金色に色付いた綺麗な稲が見えてきて、まだ植わっている稲から収穫後の稲もあり、色々な状態を観察することができました。

収穫前

収穫後

歩いていると不思議な物を発見しました。

これです。

別の角度からも。

みなさん、これはなんだと思いますか?

これを見つけて時は、この中で蛍を育てるのかな?と思いましたが、見慣れない形をしていて私には分からなかったので、近くで作業されていた農家さんに挨拶をしてお話を聞いてみることにしました。

すると予想外な答えが返ってきました。

なんとこれは山から流れてきた水の水温を上げるために作られた場所だったのです。

このエリアの山から流れてくる水はとても冷たいらしく、冷たい水のまま田んぼに流してしまうと稲の発育に悪い影響がでてしまいますので、渦上の部分で水温をあげてから稲のほうに流すために、このような工夫がされています。

新しい発見ができたところで、一旦バイクに戻り別の場所から観ることにしましょう。

上からの四谷の千枚田も最高の景色!

駐車スペースを過ぎて山の方へしばらく上っていくと、上から眺めることができるポイントがあります。

そこまでは舗装がしっかりしているので、車やバイクでも移動することができます。

上っている途中で景色の良い場所があったので、バイクを停めて記念撮影。

すると数台のロードバイクに乗っている人たちが上って行きました。

クライマーの方には絶好のエリアでしょうね(笑)

再びバイクに乗って上りはじめ、頂上に着きました。

ここにも無料の駐車スペースがあり、車が6台ぐらい停められるスペースがありました。

上から撮った四谷の千枚田です。

下からとはまた違った風景で、眺めも良かったです。

このエリアを満喫したところで、次は道中に気になった建物へ向かうことにしました。

もっくる新城?

タイトルだけ見ると、これってなに?となりますよね。

この場所が道中で気になっていたので、帰りに立ち寄ることにしました。

もっくる新城にはなにがある?

この建物は道の駅です。

建物の中はこんな感じです。

中にはお土産などを売っている売店や飲食店があります。

地元で採れた新鮮な野菜や果物も売られていて、休日だったこともあり多くのお客さんが訪れていました。

なんとここには、ライダーの癒しスポットが・・・

それは無料で足湯に入れるんです!しかも温泉です!

ブーツを履くとなると夏場は蒸れるし、冬場は寒いしでライダーにとってツーリングで悩むことが多いと思いますが、そんな時に足湯に入って心も足もリフレッシュできるのはありがたいですよね。

万が一、タオルを持参していなかったとしても、すぐ近くにタオルの自販機があるのでタオルがなくてもすぐに購入ができるので安心です。

もっくる新城の場所はどこ?

新城ICの近くにある道の駅です。

店舗名

道の駅 もっくる新城

住所

〒433-1318

愛知県新城市八束穂字五反田329-7

電話番号

☎ 0536-24-3005

 

東名高速道路のIC近くにあり、帰りにお土産を買ったりできるので便利ですよ。

ランチで食べたのは、なかなか見ない変わったカレーライス

どうやら静岡県の吉田町に変わったカレーライス屋さんがあるとのことだったので行ってみることにしました。

カレーショップ きしばた

なかなか見ない変わったカレーライスが食べられるお店が、このカレーショップきしばたさんです。

店名

カレーショップ きしばた

住所

〒421-0301

静岡県榛原郡吉田町住吉701-5

電話番号

☎ 0548-32-0011

 

駐車場も広いので、こちらも多くの台数で行っても停められますよ。

初めて食べるなら、人気のドラカツ!

初めて行った方に是非食べて頂きたいメニューがドラカツです。

ドラカツってなに?ってなりますよね。

これはドライカツカレーのことです。

なので、略してドラカツ!(笑)

みなさんが気になるドラカツの写真がこちらです。

みなさんドライカレーとカツカレーの組み合わせ見たことありますか?

それなりに多くのカレー屋さん行ったことがありますが、私は未だかつて見たことがありませんでした・・・(笑)

ドライカレー×カレーでなんだか衝撃的な印象を受けましたが、店内には美味しそうなカレーの香りが漂い食欲がさらにそそり、胃もたれ覚悟で食べてみることに!

食べて驚きました。

ドライカレー×カレーの組み合わせなのにも関わらず、カレーの味がしつこくない!むしろドライカレーの方は見た目とは意外にさっぱりしていて、カレーはタマネギの柔らかくて溶けるか溶けないぐらいの絶妙な食感と甘さがあって、見た目の印象を大きく覆された美味しさでした。

カレーといったら、白米でしょ!って考えだった私だったので、この出会いには衝撃を受けました。

今もその時の味を思い浮かべると食べたくなります。神奈川にもお店できないかな・・・(笑)

※お昼前から混んでいたので、ランチ時間帯をずらして行くのをおすすめします。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の旅では愛知県の千枚田や静岡県のグルメを味わうことができ、充実した1日を過ごすことができました。

夜中や朝方に神奈川を出発すれば、私が書いた工程であれば夕方には神奈川の地元に帰ってこれますので、もしこれを読んで気になっていただけたら、是非行ってみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事